無垢フローリング 木曽檜一枚板フローリング「フレビオ」・床暖房対応桧フローリング「皇樹」の製造販売メーカー。
床暖房の種類、フローリング製法の種類、用語解説など、床暖房とフローリングの豆知識をご紹介します。

加藤木材産業 会社概要 よくある質問 フローリング豆知識
HOME 製品の特徴 施工例集 製品のご紹介 購入までの流れ メンテナンス 資料請求、お問合せ

近年の床暖房の普及には著しいものがあり、住宅着工物件の約4割が床暖房を採用していると言われています。床暖房の優れた点は、「温湿度環境」ばかりでなく、「安全性」といえます。

温湿度環境:空気を暖めるのではなく、床面を暖めるので人が不快に感じるコールドドラフトを発生させず、「頭寒足熱」の環境をつくります。また、空気を乾燥させず、結露の発生を押さえることができます。

安全性:石油ストーブのように室内で火を使わないので火災などに対して安全です。
また空気を汚したり、乾燥させないので健康的です。
そこで気になるコストについては、今日の普及のおかげで、イニシャルコストもかなり下がってきています。

床暖房とフローリング豆知識
床暖房対応桧フローリング「皇樹(こうき)」DVDが見られます
無垢フローリング(木曽桧フローリング)での床暖房対応品「ムク暖皇樹(こうき)ができました。
フレビオ・皇樹はここでも見られます
新日本石油での厳しい熱耐久試験に見事合格
 
床暖房の種類
床暖房の種類「温水式床暖房」「電気式床暖房」など

床暖房用パネルとしては、温水マット・根太間温水マット・ハードパネル・コンクリート埋め込み・フローリング一体型など、住宅の建築様式やニーズに合わせて、さまざまなものがあります。

仕上げ材の種類

仕上げ材は、フローリング・カーぺット・コルク・畳・クッションフロア・タイルなどに対応できます。

木質フローリング
当社製品は数年後も同じおさまり

住宅で、もはや定番となったフローリング。カーペットに比べても、ダニや埃の発生は格段に少ないのも事実です。床を暖めますので、床暖房用のフローリング材とする必要があります。これは、床材の温湿度変化による「そり」や「ふくれ」、「隙間」が生じるのを防ぐためです。
しかし、巷に出回っている床暖房対応品の中には、耐久試験を行わず販売しているものが多くあります。床暖房を扱っているガス会社などの床仕上げ材カタログから選択するのが良いでしょう。(耐久試験結果に基づいて対応品となっています)。

また、床暖房用のフローリング材のほとんどは、合板の上に薄くスライスした木のシートを貼り付けた、いわゆる複合フローリング材というものとなります。
しかし、この床材は、長年使っていくと表層がはがれたり、下地が見えたりするので、耐久性や美観保持の面で問題を残すものです。ですから、ムク材のフローリングをおすすめします。

しかも、シックハウスなど健康に留意される自然派志向の方には、たとえムク材であっても、フィンガージョイントなどの接着剤を使用したフローリングはおすすめできません。特に小さなお子さんがおられる家では、その違いは明らかです。
少しコストをかければ、将来床の貼り替えが不要になりますので、長期的視点からはムク材、しかも一枚板の自然塗装品の方がかえってローコストの家になるはずです。

ページトップへ
フローリング製法の違い
名称 複合フローリング
(単板を張った床材)
無垢フローリング
(ジョイントした床材)
無垢フローリング
(本物の一枚板)
製法 下地合板に、0.3~2㎜程度にスライスした本物の木を張っています。単板のかわりに、印刷化粧合板を貼ったものもある。 厚みのすべてが本物の木であるが、長辺方向にフィンガージョイントなどで、接着している。 すべてが本物の木であり、ジョイントによる接着剤は使用していない。現在、床暖房対応品では木曽ヒノキ材などがある。
特徴 質感ではなく、メンテナンス性を考えるなら、このタイプ。無垢材までは・・・という人に。 木の質感が現れてくる。乾燥度合いによって、反り、ねじれ等が生じるおそれがある。 木の質感が本物で、ヒノキの香りが高い。自然塗装にすれば、より健康で安全な暮らし方となる。
自然健康志向
価格帯
20,685~5,410円/㎡程度
24,890~16,545円/㎡程度
37,188~17,500円/㎡程度
価格差の理由 単板の厚みや張り方のデザインによって変化。表面塗装の種類によっても、変化する。 ムク材の種類、ジョイントの方法や、表面塗装の種類によっても変化する。 節の有無や程度によって変化する。

注)価格帯の金額は、2005/9月の東京ガス(株)の床暖房対応仕上げ材価格表から引用しています。

ページトップへ
用語解説
単板 たんぱん。本物の木を薄くスライスしたもの。一般に1.0㎜以下を薄単板、1.0㎜以上にスライスしたものを厚単板という。
無垢材 乾燥状態が悪いと、反り、曲がり、割が生じる。調湿作用がある。ワックスは、せっかく自然素材を使ったのだから、やっぱり自然塗料がベスト。
合板 単板を張るフローリングの下地は、合板(ベニヤ)が主流。ホルムアルデヒド対策から、最近ではほとんどF1相当が主流。マンションの直張り用では、MDFという材料も使われる。
エンドマッチ フローリングやパネリングの、長さ方向のつなぎ目部分に実加工を施すこと。
平衡含水率 ある一定の温度・湿度の条件下に木材を長時間放置すると、膨張・収縮がなくなり、安定する。このときの含水率のことを平衡含水率と呼ぶ。
ページトップへ

無垢フローリング 木曽檜(ひのき)一枚板「フレビオ」、床暖房対応「皇樹」などの桧(ヒノキ)フローリングの種類、お手入れ方法、住宅・マンションの施工例を多数紹介。

無垢フローリング木曽檜(ひのき)一枚板 FREBIO(フレビオ) 床暖房対応桧(ヒノキ)フローリング ムク暖皇樹(こうき 加藤木材産業株式会社